2021年3月10日例会報告

べんとう .jpg
2021年3月10日の例会はコロナ禍を鑑み、集会時間を短縮し、
弁当持帰りで実施しました。

卓話では、「地域における暴力団事務所撤去問題」に関連し、DVD鑑賞をしました。

暴力追放運動推進センターは、暴力団に関する問題の駆け込み寺のようなところ。
何か問題があったとき相談をすれば、適切なアドバイスを受けられる。
特にポイントはこのセンターが警察と連携していることや弁護士を紹介してくれる とのこと。

特に暴力団追放運動となると、住民が報復を恐れて訴えの当事者になることを躊躇する場合も多かった。
しかし、適格団体訴訟制度(平成24年暴力団対策法改正)によって、
付近住民から委託を受けて適格都道府県センターが自らの名で当事者となることが可能となった。
住民が当事者とならないメリット(費用負担もない)ができたことで、
原告団の個人情報を明かすことなく裁判を行うことができるようになった。

自分たちが住まう地域を安心・安全に保つために参考にしたい内容でした。

※写真は本日のテイクアウトランチ
グランドホテル浜松さんのお弁当です

この記事へのコメント